議院運営委員会 質疑(2022/2/18)

日頃よりお世話になりありがとうございます。2月18日(金)18時30分より参議院議院運営委員会が開会され、新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置の期間延長及び区域変更について山際大志郎・国務大臣より報告を受けた後、江島潔議員は下記の質疑をいたしました。引き続き、新型コロナ対策と経済の立て直しに全力で取り組んで参ります。【質疑1】全国の新規感染者数は先週比が1を下回るなど、減少傾向に転じており、感染の減少の兆しが出ている。こうした中、私の地元の山口県を始め、島根、沖縄、山形、大分、の各県は今回、蔓延防止等重点措置の適用が解除される事になった。先手先手で感染対策を講じてきた効果が現れてきていると思う。特に山口県ではちょうど県知事選挙とマンボウ期間が重なったが、知事は一度も街宣車に乗る事無く、県庁にてコロナ対策の陣頭指揮に当たってきた。もし山口県の取り組んできた対策で政府としても高く評価出来る対策があれば、その効果と、今後重点措置を解除しようとする他県が参考に出来る事があれば、説明頂きたい。【応答1】(山際大志郎・国務大臣)直接山口県とも話をして、どういうことをやってくださってきたかというようなことも確認した中で、例えば、山口県は、知事の権限で選べるが、20時まで、お酒を提供しないで時短で営業するという方式にするか、21時まで、お酒は提供することを認めるかというので、より厳しい方を選ばれ。20時まで、お酒も提供しないと。あるいは、昨年の十二月から無料の検査というものを前倒しで県独自でやってくださるというようなこともやっておりましたし、あるいは、高齢者のクラスターが発生した場合に感染症対策の専門家チームを派遣するというような運営もやってくださっていた。こういった複合的で総合的な運営、オペレーションというものが、今日お諮りをしているまん延防止等重点措置から解除されるところに確実につながったと思っている。【質疑2】オミクロン株に関する知見の蓄積が進み、これを踏まえた対策が着実に効果を上げつつある事、また希望する高齢者等への3回目のワクチン接種が今後進捗していく事を踏まえると、経済社会活動の再開を見据えた取組についても同時に考えていく事が重要である。こうした中、総理は昨日の会見で現在の水際対策を段階的に見直す事を表明された。経済活動の再開にはビジネス目的での入国や日本で学ぶ留学生をきちんと受け入れる事が重要と考える。今回の見直しについて、改めて説明頂きたい。【応答2】(山際大志郎・国務大臣)これは3月1日からのオペレーションになる。実は5000人から始めますが、この5000人になるのも、昨年デルタ株が猛威を振るっていたときに、新規入国者を2000人まで落として、その後少し収まったので3500人まで、5000人まで十一月の末で増やしたが、またすぐにこのオミクロンの話になったのでゼロにするというようなオペレーションでした。なので、まずは5000人から。まずはというのが大事で、まずはやってみて、それで先に更に進めるようなら進むということをやろうと思っています、更に開くという意味ですね。そして、中身は非指定国と指定国というふうに分かれて、指定国は、要はまだこのオミクロン等々で感染が拡大しているような国、そこから入ってくるところとそうでないところとに分けて、非指定国に関してはもう自宅で三日間待機していただければいいというような形にします。それから、入っていらっしゃる方々も観光客を除く外国人の方々が全員対象になりますので、留学生の方も技能実習生の方も、あるいはお仕事で入っていらっしゃる方々も、5000人の内数であればまずは入ってこれるという形になります。ですから、まずはそこから始めますが、それで感染の拡大が認められなければ更に開くという方向で政府としてはやらせていただきたいと思っています。

緊急事態宣言の影響緩和に係る一次支援金の概要について(2021/2/10)

下記のWebページで公表されていますので、お知らせします。

https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/pdf/summary.pdf
詳細はこれから詰めることとなっており、Webフォームに寄せられた意見や質問をもとに制度の作り込みやFAQの作成が行われるとのことです。

※経産省の支援策に関しては以下に情報が掲載されています。https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

終戦記念日にあたって 党声明

終戦記念日にあたって自民党として以下党声明を出しました。

本日、75回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で犠牲となられたわが国並びに全ての国の英霊に対し、衷心より哀悼の誠を捧げますとともに、二度とわが国は戦争への道を歩まないと強く決意いたします。
戦後75年が経ち、先の大戦を経験した世代が少なくなる中で、あの惨禍を風化させてはなりません。唯一の戦争被爆国として、常に歴史と謙虚に向き合い、被爆の実相を次の世代に語り継ぐことが何よりも大切であります。
今日、日本を取り巻く安全保障環境は厳しさと不確実性を増しています。憲法の範囲内で、国際法を順守しつつ、専守防衛の考え方の下、あらゆる脅威への抑止力・対処力を向上させていくことが求められています。
自由民主党は、環境の変化を冷静に見極め、国民の生命と安全を断固として守り抜くとともに、世界の平和と繁栄に積極的に貢献し、恒久平和の実現に全力を尽くしてまいります。

【新型コロナウイルス接触確認アプリ】

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA※)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。  

※COVID-19 Contact Confirming ApplicationApp Store↓https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

Google Play↓https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

官邸HPに新型コロナウイルスへの支援策をわかりやすくまとめたサイト「くらしとしごとの支援策」が開設

官邸HPに新型コロナウイルスへの支援策をわかりやすくまとめたサイト「くらしとしごとの支援策」が開設されていますので、ご紹介します。
暮らしや仕事のお困りごと別に探して頂けるようになっていますので、ぜひご確認ください。よろしくお願い致します。

■くらしとしごとの支援策(官邸HP)
http://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_shien.html

「参議院農林水産委員長」を拝命(2019/10/4)

日頃よりお世話になりありがとうございます。
本日、第200回国会(臨時会)が招集されました。会期は12月9日までの67日間です。
江島潔議員は本日の参議院本会議において農林水産委員長を拝命いたしました。
江島潔議員は、安全で安心な日本の農林水産物が世界から注目されている中、農林水産委員長という職責を全うすべく、誠心誠意職務に精励し、安倍晋三総理を先頭に未来を見据えた令和の時代の新しい国創りに全力で取り組んで参ります。
今後とも、皆様方のご指導、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

「謝長延・台北駐日経済文化代表処代表を表敬訪問」(2018/10/18)

日頃よりお世話になりありがとうございます。
江島潔議員は、本日、謝長延・台北駐日経済文化代表処代表を表敬訪問し、国際情勢、政治経済事情、日台関係等について意見交換を行い、今後も同じ価値観を有する日台両国の関係が安定的に発展していくことの重要性を確認しあいました。

「謝長延・台北駐日経済文化代表処代表を表敬訪問」(2018/10/18)
「謝長延・台北駐日経済文化代表処代表を表敬訪問」(2018/10/18)

「安倍晋三首相、自民党総裁3選」(2018/9/21)

日頃よりお世話になりありがとうございます。
昨日投開票の自民党総裁選で安倍晋三総裁の3選が決まりました。
ご支援頂いた皆様ありがとうございました。
山口県は安倍首相の得票率が全国で第1位(87.6%)、投票率は第4位(75.04%)でした。
江島潔議員も、安倍晋三総理・総裁の下、党内一致団結して、平成のその先の時代の国づくりに取り組んで参ります。

自民党総裁選挙の結果の詳細等は下記URLでご覧下さい。
https://www.jimin.jp/news/press/president/138148.html
https://www.jimin.jp/news/activities/138141.html